積極的な人が結婚相談所を利用する場合は、スタッフの手取足取りのサポートより、情報がたくさん欲しいと考えるのではないでしょうか。そのためスタッフのサポートのキメ細かい結婚相談所は、逆に合わないことも。ネット中心で全国の登録者の中から、自分の条件と相手の条件がマッチングした人と、メールで知り合うことができるようなタイプのマッチ型結婚相談所が合っているようです。

しかし実はこのタイプの結婚相談所では、意外な落とし穴があります。積極的な人は自分の思ったように相手探しができ、メールでもうまく付き合うことができ、実際に出会ってもうまく上手にデートが出来る人も多いようですが、逆に理想がどんどん高くなってしまうことも。結局、もっといい人がいるだろう、もっと、もっととハードルを高くしていってしまうのです。

しかしそれを続けていると、だんだん婚活が難しくなっていってしまうことにも。スタッフがきめ細かくタッチしてくれると、ハードルを高くしすぎは良くないというアドバイスなどもくれるはず。スタッフは経験があるので、こういう状態になると、なかなか成婚に辿り着けないということも良く知っています。そんなスタッフの指導がもらえるのは、やはり地域密着型の小規模結婚相談所ではないでしょうか。本気で婚活をしたいなら、積極的な人も、スタッフのサポートが密な方がおすすめです。

消極的な人はどうしても婚活がうまくいきにくいと言われています。しかし上手に結婚相談所を利用すれば、素敵な相手と成婚することもできるのではないでしょうか。消極的な人は、自分をアピールすることが下手な人が多いため、しっかり自分のことをアピールしてくれるスタッフの手助けがある方がおすすめ。そのためにも地域密着型、仲介型結婚相談所を利用しましょう。

またお見合いパーティーや合コンなどのイベントも、消極的な人はどうしても失敗しがちです。もちろんそのようなこともスタッフは経験上知っているので、消極的な人にはその人にぴったりあったタイプの人との、二人のデートをセッティングしてくれるでしょう。地域密着型なら、子供の頃の話や近所の祭りなどの話題があり、話が盛り上がるかもしれません。経験を積んだスタッフは、その人の性格によってさまざまなタイプの出会いを勧めてくれます。

また、同じ地域だからこそ共通の体験があり話が合う場合もあります。あの祭りは楽しかったという共通体験が存在するのです。そして、小さな地域であれば同じ小学校から中学校、高校と進んでいく場合もあります。

そんなところも地域密着型、仲介型の結婚相談所だからこその魅力です。もし自分が消極的だと思うなら、大手結婚相談所より規模の小さなスタッフのサービスが行き届いた結婚相談所を上手に利用しましょう。いろいろなアドバイスもしてくれるので、分からないことは何でも相談できるでしょう。また消極的な人はもちろん結婚相談所を利用しながら、自分に自信が持てるような努力も大切です。

昔のように回りのちょっぴりお節介おばさん、お節介上司が結婚相手を紹介してくれていた時代は今はもう皆無となっています。その上結婚したいと思う年齢が高くなっているため、結婚しようと思ったときには急がないと子どもも作ることができなくなってしまいます。そんな時代だからこそ、婚活に結婚相談所を利用する人が増えているのです。結婚相談所を上手に利用してしっかり婚活しましょう。

まず結婚相談所といってもいろいろなタイプがあります。大手結婚相談所は全国を網羅して登録人数も何万人クラス。だからたくさんの人から自分にあった人が選べます。逆に地域密着型の小規模結婚相談所は、アットホームで親せきのおばさん的な親切なスタッフが魅力で、キメの細かい婚活ができます。どちらも魅力があり、自分はどちらが合っているか選ぶことになります。

人づきあいが下手、口下手な人は地域密着型の仲介型結婚相談所がおすすめです。サポートが行き届いた仲介型の結婚相談所です。またあまりスタッフのサポートは面倒という人は大手結婚相談所がいいかもしれません。自分でマッチングした人を探したい、情報だけが欲しいという人には、データマッチ型の結婚相談所がおすすめです。データマッチ型は、自分で条件に当てはまる人を探し、メールのやり取りからスタートしていきます。メールのやり取りをするときに、スタッフの仲介が必要な結婚相談所が多く、その方が安心感があります。しかしそれ以上の仲介がないので自由感があります。